根管治療

根管治療とは?

根管治療とは?

根管治療とは、針のような器具を使って、歯髄の入っている穴(根管)から感染物質を取り除く治療です。感染物質を取り除いた後は根管に材料を詰めて、再感染が起こらないように処置します。
根管治療はご自身の歯を残す可能性を高める治療です。ですが、根管治療は難易度の高い治療でもあります。治療を成功させるには、歯医者さんの技術と経験、そして処置を行うための設備が整っていることが大切です。

根管治療が必要な症状

虫歯が進行して痛みが強い

虫歯が神経まで進行すると、しみる症状や強烈な痛みが出ます。これらの症状を取り除くためには、歯に麻酔をして神経を取る「抜髄」の必要があります。抜髄後は根管治療を行い、根の中をキレイに消毒します。

神経が死んだため噛むと痛みが出る

虫歯の進行や外傷などで歯に大きい力がかかると、歯の神経が死んでしまう場合があります。死んだ神経が細菌に侵されて腐り、その状態が根の先まで達すると、噛んだときに痛みが出ます。この場合は、腐った神経を取り出し根の中を消毒することで痛みを取ります。

歯の根の先に膿がたまっている

神経が死んでから時間がたつと、根の先には歯根嚢胞(しこんのうほう)という膿の袋ができます。小さい歯根嚢胞は無症状のことがほとんどですが、放置すると大きくなり腫れや痛みが出ることがあります。歯根嚢胞が大きくなる原因は菌なので、根の中の消毒が必要です。

歯ぐきに丸いできものができた

歯の根の先に膿がたまったとき、歯ぐきに丸いできものができる場合があります。これは根の先の膿の出口です。根管治療を行って根の中を消毒すると、できものは治っていきます。

歯ぐきが腫れて痛む

根の先に膿がたまった状態でいると、体の抵抗力が下がったときに、歯ぐきが腫れて痛みが出ることがあります。この場合は、飲み薬などで腫れをおさえたあとに、根管治療で原因の細菌を消毒します。

マイクロスコープを使った根管治療

マイクロスコープを使った根管治療

おかむら歯科医院では、マイクロスコープを使った根管治療を行っています。マイクロスコープとは、治療中の視野を約20倍に拡大する顕微鏡です。視野を拡大することにより、肉眼では見えない歯の根っこの様子の確認や、細菌に感染した歯質の特定などが可能になります。

実際に患部を見ながら処置をしますので、悪いところを確実に取り除き、患者さまの口腔内へのダメージも最小限におさえます。
(基本的には保険診療で対応いたしますが、症状によっては自費診療となる場合もございます。)

マイクロスコープのメリット

  • 歯や歯の周りの精密な観察・評価ができる
  • 複雑な症例も扱いやすい
  • 不完全処置など、肉眼では気づかなかった病変部分がわかる
  • 明確に病変部が見えるため、健全な歯質を削りすぎない
  • 明確に病変部が見えるため、最小のダメージで治療ができる

精密・正確な治療ができるところがマイクロスコープのメリットです。健康な部分はできる限り残し、悪い部分は取り残しのないように、細心の注意を払って治療をします。

マイクロスコープのデメリット

  • 治療の難易度が高い
  • 肉眼での治療と比較すると、治療時間が長くなることがある
  • 治療回数が多くなるケースがある
  • 自費診療になる場合がある

少しでも細菌の取り残しがあると再発の原因となるため、緻密な治療が続きます。治療時間が長くなる場合もありますが、できる限り患者さまの苦痛がないように心がけています。

ほかの方法との比較

拡大率 治療器具 治療精度 光源・術野
マイクロスコープ
(顕微鏡)
3~25倍 マイクロ専用の小さな器具も可能 非常に高い 標準で同軸光源内蔵
明るい
ルーペ
(拡大鏡)
2~5倍 小さめの器具は可能 高い オプションで同軸光源装備可
明るい
肉眼 1倍 小さめの器具は困難 低い 診療台のライト
暗い

治療の流れ

  • 感染物質の除去

    マイクロスコープを見ながら、ニッケルチタンファイルや超音波装置で感染物質を除去します。

  • 根管の洗浄・除菌

    次亜塩素酸ナトリウムとEDTAという薬剤で、歯髄が入っていた空洞内を丁寧に洗浄・除菌します。

  • 根管充填

    充填剤に熱と圧力を加え、根の細いところまでしっかりと充填して、細菌が住み着かないようにします。

先生からのメッセージ

先生からのメッセージ

現代ではいくつかの失った歯を補う方法がありますが、健康な自分の歯に勝るものはありません。

私は歯科保存学を専門に学んできました。この知識と経験を生かして、皆さまの天然歯を守るお手伝いできればと考えています。根管治療はご自身の歯を残す可能性を高める治療です。皆さまには、安易に抜歯するのではなく、できる限りご自身の歯を残す方向で考えてもらえたらと思います。

ただし、根管治療には長い期間が必要です。そのため簡単に治るとはいえません。治療の途中で気力がなくなり通院をやめてしまうと、根管の中に細菌が残り、痛みや虫歯が再発する原因になります。これでは、せっかく今まで続けてきた治療が台無しになってしまいます。

根管治療を受けるときには、「歯を残すために根気よく治療を続ける」という気持ちが大切です。その気持ちに応えるため、私たちスタッフ一同は最後まで真摯に治療を行い、患者さまの大切な歯の保存に尽力いたします。

失った永久歯が二度と生えてくることはありません。根管治療は簡単な治療ではありませんが、毎日を健やかに過ごすために取り組む価値がある治療だと、私たちは考えています。
ぜひ、一緒にがんばりましょう。

いつでも
お気軽にご相談ください

患者さまのお悩みを解決できるよう、高い技術と機材の充実で、
皆さまの歯の健康をサポートいたします

pagetop