入れ歯

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?
  • 入れ歯が痛くて噛めない
  • 入れ歯に力が入らない
  • 上下の噛み合わせが悪い
  • 発音できない音がある
  • 舌がうまく回らない、痛むことがある

噛み合わせが失われてしまうと、食事が満足にとれなくなり、顎の関節に障害が出ることがあります。

噛み合わせ不良が招くトラブル

  • 食欲不振
  • 顎の痛み
  • 頭痛
  • 肩・首のこり
  • 手足のしびれ
  • 腰痛
  • 高血圧・低血圧
  • 難聴
  • 便秘・下痢
  • 背中の痛み
  • めまい
  • 冷え
  • 意欲低下
  • 認知症

自律神経失調症の原因が、噛み合わせの悪さだったケースもあります。
歯を失ったままにしておくと、見た目が悪いだけでなく、全身に悪影響を与えることがわかっています。違和感のある噛み合わせを放置しないようにしましょう。

当院の入れ歯

当院の入れ歯

入れ歯治療は噛み合わせの不具合を解消する方法のひとつですが、違和感が強く、食べ物が思うように噛めなかったり、何かを噛むと痛みが出たりと、トラブルの多い治療でもあります。

当院では入れ歯を快適にお使いいただくために、事前に患者さまの噛み合わせを念入りに調べ、綿密な入れ歯設計を行うことを大切にしています。入れ歯はミリ単位の調整で噛み心地が変わる、とても繊細なものです。できるだけ使いやすい入れ歯を作製するには、入れ歯を作る前に患者さまのお口の中の状態をよく理解しておくことが必要です。

さらに、お口の状態は、年齢や噛み合わせ、歯並び、舌や頬の筋肉の状態によって、どんどん変化していきます。作製時にはぴったりだった入れ歯も、時間とともに違和感が出てくるのは自然なことです。以前に比べて噛み心地に違和感がある、と思われた場合は、我慢せずに歯医者にお話しください。今のお口の状態に合わせて調整すれば、再びスムーズに使えるようになるでしょう。

入れ歯だけの治療ではどうしても困難な症例に対しては、インプラント等を併用した治療法も提案しております。入れ歯でお困りのことがあれば、ぜひ当院までご相談ください。

治療の流れ

  • 1診査・診断

    現在のお口の状況を診察し、装着できる入れ歯の種類をご提案します。必要に応じて、最初の歯並びの型取りをします。

  • 2前処置

    入れ歯の作製前に、使用している入れ歯の調整や修理、残っている歯の治療など、必要な治療を行います。

  • 3型取り

    大まかなお口の型取りをして、患者さま一人ひとりのお口の形に合わせた器具を作製します。

  • 4精密な型取り

    歯並びや歯ぐき、舌、頬の形の細かな再現を行うため、お口にぴったり合う器具で型取りをします。

  • 5噛み合わせの記録

    精密に作った模型から、専用の器具を作ります。上下の顎が噛み合うときの位置を記録します。

  • 6仮合わせ

    仮の入れ歯を合わせて、実際にお口に入れたときに噛み合う位置を正確に記録します。このときに、歯並びの見た目・歯の並べ方もチェックします。患者さまが納得のいく入れ歯を作製するため、この作業を繰り返して最終的な形を決めていきます。

  • 7完成

    出来上がった入れ歯をお渡ししますので、お使いください。

  • 8調整

    実際に使ってみて、ご要望があれば微調整をいたします。

当院で扱っている入れ歯

  • レジン床(保険診療)
  • 金属床(自費)
  • ノンクラスプデンチャー(自費)

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 短期間で治療を終えられる
  • 保険適用のものは安価で手に入る
  • 取り外して洗えるので衛生管理がしやすい
  • 残存歯にかかる負担がブリッジより軽い

デメリット

  • 噛む力が弱いため、食べられないものが出てくる
  • 発音がしにくいなど、違和感が気になりやすい
  • 顎の骨が退縮して小さくなる

いつでも
お気軽にご相談ください

患者さまのお悩みを解決できるよう、高い技術と機材の充実で、
皆さまの歯の健康をサポートいたします

pagetop