インプラント

歯を失った方へ

歯を失った方へ

失った歯や抜かなくてはならない歯の治療法には、ブリッジ(両隣の歯を削って被せ物をする治療)や入れ歯(取り外し式の義歯を作る治療)があります。
しかし、歯を削ることや入れ歯を装着することに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

当院では失った歯を補う方法として、インプラントを行っております。インプラントとは、歯を削らずに元の状態の噛み合わせを再現できる治療です。

ご興味のある方は、お声がけいただければインプラントについて詳しい説明をさせていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

インプラントとは?

従来からの入れ歯やブリッジに替わる方法として、失った歯を回復するために開発された治療法です。歯を失った顎の骨に、体になじみやすい材料(生体材料)で作られた歯根の一部、または全部を埋め込み、それを土台にセラミックなどで作った人工歯を取り付けます。

インプラントは、基本的に3つのパーツでできています。3つのパーツとは、顎骨の中に埋め込む部分である歯根部(=インプラント体)、インプラント体の上に取り付ける支台部(=アバットメント)、歯の部分にあたる人工歯(=上部構造)です。

インプラントは1965年から臨床応用が始まり、現在では国際的に広く認められています。
日本では1983年に治療が開始されています。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • ほかの歯を削る必要がない
  • ほかの歯に負担がかからない
  • 違和感が少ない
  • 長期の研究データで安定性が証明されている

デメリット

  • 治療期間が長く、費用が高額である
  • 外科治療が必要である
  • 骨が不足する場合は、骨造成が必要である

ここでは一般的なメリット・デメリットを取り上げました。しかし、患者さまの状態によって、インプラントが適切なのか、ほかの方法が適切なのかといった判断は変わってきます。インプラントをご検討中の方は、どうぞお気軽にご相談ください。

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療

入れ歯などの治療と比較すると、インプラントは多額の費用がかかり、通院期間も長くなる治療です。そのため、「インプラントでないと治療できない」場合に利用してこそ、インプラントの恩恵が得られると考えています。

インプラントをご案内するときには、メリット・デメリットを十分にご説明し、患者さま自身がしっかりとご納得されたうえで治療に進むようにしています。不安な点や疑問点がありましたら、どんなことでもお尋ねください。ご納得がいただけるよう、詳しくご説明いたします。

治療の流れ

  • 1手術準備

    手術の予約、手術時の注意点などの詳しい説明をいたします。
    歯石やプラークを取り除き、口腔内を雑菌の少ない環境にします。

  • 2一次手術

    口腔内を消毒して麻酔をかけます。顎の骨に穴を開けて、インプラント体を埋め込む手術をします。
    手術は1時間程度で終わりますので、入院の必要はありません。

  • 3二次手術

    一定の治癒期間をおいた後、インプラント体にアバットメントを設置する手術をします。
    歯肉を切開してアバットメントを取りつけ、歯肉をキレイに整えます。

  • 4人工歯の作製・装着

    歯肉の治り具合を見て、使用する上部構造のための型取りをします。
    仮歯を装着し、噛み合わせや装着感などを確認して調整します。問題が無ければ上部構造を装着します。

  • 5メンテナンス

    治療後も定期的にお口の状態を確認します。
    いつまでも快適にインプラントを使えるよう、定期メンテナンスは必ず受けてください。

料金案内

いつでも
お気軽にご相談ください

患者さまのお悩みを解決できるよう、高い技術と機材の充実で、
皆さまの歯の健康をサポートいたします

pagetop